BANKIT(バンキット)カードを現金化!クレジットカード現金化方法!

BANKIT(バンキット)カードを利用してクレジットカード現金化

BANKIT(バンキット)カードを利用してクレジットカード現金化することができます。どのようにしてBANKIT(バンキット)カードを現金化するのか詳しく見ていきましょう。

BANKIT(バンキット)公式ホームページは下の画像をクリック

BANKIT(バンキット)

BANKIT(バンキット)カードとは?

BANKIT(バンキット)カードは、全く新しい金融サービスのカタチ。お客さまの金融・決済事業への参入をサポートし、新たな価値とビジネスモデルを共創する仕組みです。多様なサービスから必要なものだけをピックアップできて、多額のシステム投資も各種金融ライセンスの取得も不要。だから、今までにないほど低コストでスピーディ。

BANKITは、アプリをインストールすると、すぐに入金やショッピングができるWalletサービスです。アプリをインストールすると、本人確認手続き不要で「バーチャルカード(インターネット専用のVisaプリペイドカード)」が発行されます。あらかじめ使う分を使いたいときにチャージし、BANKIT残高の範囲内でVisa加盟店でのショッピングにご利用いただけます。アプリから24時間いつでもWalletサービスの利用停止、各種限度額の変更ができ、安心・安全にご利用いただけます。

BANKIT(バンキット)

新生銀行とアプラスは、ネオバンク・プラットフォーム「BANKIT」(バンキット)について、金融・決済事業へ参入する事業会社に対し、2020年3月26日より順次、スマートフォンアプリや API (Application Programming Interface)連携を通じたシステム提供を開始している。電話番号とメールアドレスを登録するだけで、アプリ型のVisaプリペイドカードを簡単に発行できます。登録料や年会費は無料です。ネットショッピング・ゲーム課金・有料ダウンロード、動画配信サービスなどのネット決済にもご利用いただけます。BANKITリアルカードを発行すれば、タッチ決済機能付きVisaブランドカードとして、Visa加盟店等でご利用いただけます。

BANKITは、資金移動業および前払式支払手段発行業の登録があるアプラスが事業主体となり、新生銀行グループが有する決済、為替および与信機能などの金融サービスを、カフェテリア形式でパートナー企業に提供するものだ。好きなものを選べるという点で、「カフェテリア方式」という表現を用いている。

パートナー企業は、金融ライセンス取得などにかかる手間や費用をかけず、自社の顧客に対して、金融サービスを提供することが可能となる。APIによって、機能提供するため、すでにメガアプリを持つ事業者にも提供可能であり、新生銀行グループで開発したアプリをホワイトラベルで提供することも可能だ。

国内でもネオバンク・プラットフォームを掲げる金融機関が出てきているが、パートナーとして想定しているのは金融機関でない一般事業者様が中心です。ですので、お客様が銀行口座を保有している、あるいは新規に口座開設することは前提にしていません。銀行口座を持っていなくてもご利用いただけるサービス。

提供するサービスは、「ウォレット」「カードレスATM入出金」「送金」「コード決済」「Visa決済」などを想定している。特定のサービスのみを利用したいというケースは少なく、複数のサービスの組み合わせでご要望を頂いています。事業者様やその事業者様の会員であるお客様の特徴・ニーズによって、利用するサービスの組み合わせが異なってくると想定しています。

その前提で、後払いサービス等の少額与信への需要は高いと実感している。コストや納期は、企業のニーズに応じて個別対応する。

  • 入会金・年会費無料
  • 満13歳から使える
  • 審査不要

BANKIT同士ならBANKIT残高の範囲内でお金のやりとりができます。※現金チャージ分のみが送金可能となります。

セブン銀行ATMでBANKIT残高から現金のお引き出しができます。※ご利用には手数料がかかります。※現金チャージ分のみが現金引き出し可能となります。

メインウォレットをお財布として、サブウォレットを貯金箱としてご活用いただけます。目的に合わせてお金をやりくりしたり、ご自身のウォレット間でこまめに残高の振替をすることも可能です。

BANKITのご利用明細は、アプリで簡単に確認できます。リアルカードを紛失しても、ご自身でアプリから即時カードの利用を停止できます。お電話で申告などの手続きは不要です。

BANKIT(バンキット)

BANKIT(バンキット)カード本人確認とは?

BANKIT(バンキット)カードの本人確認とは、本人情報入力と本人確認書類をお届けいただく手続きです。本人確認完了後ご利用可能となる便利なサービスがございます。BANKITアプリ マイページ→本人確認 よりお手続きください。※本人確認には3~5営業日のお時間いただきます。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、BANKIT You入会、BANKIT You氏名変更申込にあたっては公的書類による本人確認が必要となります。

本人確認書類は2点以上ご提出が必要です。組合せ例:運転免許証+各種健康保険証※運転免許証:改姓・住所変更がある場合は裏面も必要。
 各種健康保険証:カード型で裏面に住所欄がある場合は裏面も必要。

BANKIT(バンキット)カードの本人確認の流れ

  1. 本人確認情報を入力
  2. 本人確認書類を撮影・確認・送信完了
  3. アプラスで書類画像確認
  4. アプラスからお礼状発送(入会時のみ、転送不要・簡易書留)

BANKIT(バンキット)本人確認書類について

BANKIT
BANKIT(バンキット)でできること

BANKIT(バンキット)カードのチャージ方法

BANKIT(バンキット)チャージ方法

  • クレジットカードチャージ
  • セブン銀行ATMチャージ
  • 銀行振込チャージ
  • おたすけチャージ
BANKIT(バンキット)チャージ

BANKIT(バンキット)カードの「おたすけチャージ」とは?

おたすけチャージとは、ショッピングに使うことができる便利なチャージ方法です。ご利用操作後すぐにBANKIT残高(メインWallet)にチャージされます。ご精算日は、お客さまがご希望する日を指定していただきます。(ただし、指定可能なのはご利用日の翌月末までとなります。)
ご指定の日の前にご精算することも可能です。

おたすけチャージのチャージ方法

  • BANKITアプリ ホーム→チャージ→おたすけチャージ を選択
  • ・チャージ金額を選択しチャージボタンを押下してください
  • ・精算日を指定して決定ボタンを押下してください

①アプリTOP の「チャージ」ボタン、または、下部メニューの「おたすけ」アイコンをタップ
※「メイン Wallet 」を表示した状態で操作をおこなってください

②おたすけチャージ画面から、ご希望のチャージ金額(10,000 円または 30,000 円)を選択して「チャージする」ボタンをタップ

③ご希望の「おたすけチャージ精算日」を選択し、「決定する」ボタンをタップ
※チャージ翌日から翌月末までの日付が選択可能です

④チャージ金額、手数料、精算日を確認のうえ、「はい」ボタンをタップ
チャージ完了画面が表示されたらチャージ完了です

※ご利用には本人確認が必要です。※満18歳未満の方はご利用できません。※30,000円チャージはご利用状況に応じてご利用可能です。※ご利用には別途手数料がかかります。※おたすけチャージによるBANKIT残高は出金不可能額です。セブン銀行ATMでお引き出しやBANKITアプリのフレンド間送金はできません。

おたすけチャージの精算をする

あらかじめ精算金額以上のチャージ残高をご用意ください。精算(引き落とし)はメインWalletのチャージ残高からのみとなります

自動で清算する:チャージ時に選択した精算日に、自動的に精算されます
※精算日の前日までにメインWalletへチャージ残高をご用意ください

手動で清算する:精算日よりも前に、ご自身のタイミングで精算ができます

【手動精算の手順】

①おたすけチャージ画面をひらき、「おたすけチャージ履歴」から精算したい履歴の「精算する」ボタンを タップ

②精算画面を確認し、内容に問題なければ「はい」をタップ
精算完了画面が出たら精算完了です

BANKIT(バンキット)カードをクレジットカード現金化

BANKIT(バンキット)カードに、おたすけチャージでチャージをして現金化します。おたすけチャージ以外の方法でチャージしても現金化するメリットがないのでご注意ください。

多くのクレジットカードには、カードを利用して現金を借りることができるキャッシング枠と、買い物の際に利用することで現金がなくても商品が購入できるショッピング枠という2つの枠が設けられています。通常、ショッピング枠はあくまでもカード決済のために使われるものですが、これを利用して現金を入手することが、「クレジットカードの現金化」と呼ばれているものです。

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る現金化には、主に次の2つの方法があります。

・買取式
クレジットカードを使って、ブランド商品や金券といった換金率の高い商品を買い、それを買取業者に売ることで現金を得る方法です。
自分ひとりで行え、時間をかけずに現金を得られるとして、クレジットカードの現金化のなかでも手軽な方法として紹介されているケースがよくあります。

・キャッシュバック式
現金化を行っている業者から、安い商品を高額で購入します。その購入特典として、その業者から、現金をキャッシュバックしてもらうという方法です。インターネットや街で見かける「クレジットカードの現金化」という広告は、主にこのキャッシュバック式の現金化を行う業者が出しているものになります。

このような方法でBANKIT(バンキット)に、おたすけチャージでチャージをして現金化します。現金化すれば後払いで現金を手にすることができます。

10.000円または30.000円までしか「おたすけチャージ」で「BANKIT(バンキット)」にチャージすることはできないので、使い過ぎてしまう心配はありません。安心してクレジットカード現金化することができます。

ただあくまでも、クレジットカード現金化は自己責任になりますので、ご利用は計画的にしましょう。