クレジットカード現金化・バンドルカード現金化!

バンドルカードでクレジットカード現金化

バンドルカードでクレジットカード現金化できるのか?キャッシュレスで便利なスマホ決済アプリ。けれどその多くがクレジットカード決済を利用したもので、カードが持てない学生だと使えず、さらに使いすぎてしまうという心配もあります。また、プリペイドカードだとコンビニや銀行などに出かけてチャージする必要があり、面倒な手間がかかるものがほとんどです。そんな中、誰でも簡単に「ポチッと」後払いできて、手元にお金がなくてもすぐに買い物ができるスマホ決済アプリ「バンドルカード」が若者に急速に広まりつつあります。今回はこの「バンドルカード」について詳しく紹介していきます。

バンドルカードとは?

バンドルカードは、誰でも作れるVisaプリペイドカードです。アプリから1分でネットショッピング専用の「バーチャルカード」が発行され、使う分のお金をチャージしてすぐにご利用できます。「リアルカード」を発行すれば街のお店でもお買い物ができます。「リアルカード」は、本人確認不要でつくれる「バンドルカード リアル」と、海外でも使える本格的な「バンドルカード リアル+(プラス)」の2タイプあります。デザインは表面にカード番号がなく見た目をスッキリさせたものなど、7種類から選べます。

チャージ手段がたくさん

コンビニ、ドコモ払い、ビットコイン、ATM、ネット銀行などなど。場所もタイミングもたくさんの方法が用意されているため、自分にぴったりの方法を選べます。チャージ式のプリペイドカードなので、自分があらかじめ決めた金額以外の買い物ができないことが、バンドルカードの安全性を高めています。バンドルカードはクレジットカードでないので、利用者の収入面の審査などが無く、誰でも気軽に使えるVisaカードとなっています。そのため年齢制限も設けられておらず、保護者の同意があれば10代の高校生でも使用できますし、アプリのダウンロードも無料。実際にバンドルカードの利用者の多くは10代で、まだクレジットカードを作ることのできない世代がインターネットショッピングやソーシャルゲームの課金などを手軽に行うために利用しているようです。

チャージ手段がたくさん

「ポチっと」チャージ

結論から言うと、バンドルカードにおいて「支払い前にお金が使える」のは事実です。しかもクレジットカードとは違い審査もないので、中高生でも問題なく利用可能。
ただし当然うまい話には裏があるもので、「ポチッとチャージ」を「前借り」と考えたとき、その手数料はそこいらのカードローンの2倍を超えることも……。今回はバンドルカード「ポチッとチャージ」について、その仕組みや手数料、そして延滞に対するリスクをまとめました。
読み終えていただければ、あなたが今この支払い方法を利用すべきか分かります。

アプリで金額を入れてポチっとするだけで即座にチャージされ、後でお支払い。今おかねがなくても欲しいものが買えます。「ポチッとチャージ」は単なる「後払い」方法のひとつ。アプリでポチっと好きな金額をチャージしたら、あとは所定の支払日(翌月末)までにコンビニ等で支払いを行うことになります。つまり、バンドルカード「ポチッとチャージ」を使えば「手元にお金が無くても欲しいものが買える」のは事実。ただし、結局は支払いを遅らせるに過ぎないというわけですね。

カードを落とした時も大丈夫

アプリやwebから「一時停止」ボタンを押すだけ。
24時間365日、自分で即座にカードを停止・再開できます。

バンドルカードには入会の年齢制限がない

クレジットカードに入会する際には年齢制限があります。入会する際の年齢の下限はどのクレジットカードでも18歳以上となっています。また18歳以上であっても高校生は入会することができません。また、多くのクレジットカードでは年齢の上限が設けられています。クレジットカードによって違いはありますが、65歳・70歳未満などの制限があります。バンドルカードにはこのような年齢制限が全くありません。

カードを落とした時も大丈夫

バンドルカードの作り方はとっても簡単

バンドルカードはアプリを使って自分で発行することができます。発行手数料はバーチャルカードは無料ですが、リアルカードは300円、リアル+(プラス)は600円です。

バンドルカードでクレジットカード現金化

バンドルカードでAmazonギフト券を買って、それを転売すれば現金化できます。バンドルカードはクレジットカードとして、アマゾンのサイトで利用可能です。Amazonギフト券も問題なく購入できます。バンドルカードはプリペイドカードです。クレジットカードのように「承認手続き」はありませんので、Amazonギフト券が買えないということはありません。チャージ残高があるにもかかわらず、バンドルカードでAmazonギフト券が買えない時は、購入の際に入力する「カード情報」が間違っているか、「1円オーソリ」が影響しているためと考えられます。アマゾンのサイトでバンドルカードを利用する時、そのカードの有効性を確認するために、アマゾンが試しにカードから「1円」を先に引落します。テスト決済されたこの1円は、数日後にバンドルカード残高に返金されますが、返金されるまでは、バンドルカードのチャージ残高が1円少ない状態になります。1円ショートしている状態で決済手続きを進めるので、残高が足りずに注文が取消しとなってしまうのです。

バンドルカードのカード名義人は、貴方の名前ではなく、「VANDLE USER」です。アマゾンサイトで購入する際に、カード名義人の項目にVANDLE USERと入力しなければ、カード情報の確認が取れず決済ができません。バンドルカードのチャージ残高を現金化するのは違法ではありません。チャージ残高は、前もって自分がチャージした金額だからです。バンドルカードの利用規約をみても「現金化目的」を禁止する記述はありません。しかし、ドコモ払いなどでチャージした場合は、間接的にドコモ払いを現金化していることになります。バンドルカードの規約違反にはならなくても、ドコモの規約違反なる可能性はあります。ただ、バンドルカードで買った商品の詳細を、ドコモが調べることはできないので、バレることはあり得ません。バンドルカードの現金化についてまとめさせて頂きました。こちらの方法は事前準備なしでも簡単に2万円を作れる方法です。面倒な手続きや審査は一切ありませんので、金欠でお困りのときにはこちらの方法を活用してみてはいかがでしょうか?個人的にもオススメの方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

バンドルカードでクレジットカード現金化