クレジットカード現金化と個人間融資どっちが良い?

クレジットカード現金化と個人間融資ではどっちが良い?

個人間融資とは?

個人間融資において、融資する側の多くは、個人を装った「ヤミ金業者」や「犯罪を企む不純な動機」を持っている人や組織です。個人間融資に手を出せば、結果的に高金利となって借金地獄となるか、何らかの犯罪に巻き込まれる可能性が非常に高いといえます。個人間融資は最後の手段でも何でもありません。もともと選択肢に入れない方がいいでしょう。総量規制の有った2010年前後より、個人融資という言葉が目立つようになりました。今でこそ数が少なくなりましたが、当時は不特定多数のコミュニティ掲示板サイトも数多く存在していたため、各ドメイン内で検索するといたる所で利用者を募る書き込みを見る事がありました。個人間融資(個人融資)とは、その名の通り消費者金融や銀行といった金融機関ではなく、一介の個人同士の間でお金の貸し借りを行うこと。 金融機関と違って審査もないため、正直に言うともうどこからもお金を貸してもらえない人が頼る、最後の手段となっています。個人間融資の中で融資する側の実態は、多くが「ヤミ金業者」や「犯罪を企む不純な動機」を持っている場合であり相手が「個人を装ったヤミ金業者」の場合は高金利のため借金地獄となり、それ以外の場合でも何らかの犯罪に巻き込まれる可能性が非常に高いです。

見知らぬ個人同士がインターネットを通じてやり取りし、お金の貸し借りを行う行為を『個人間融資』と呼んでいます。近年、SNSや掲示板を利用して気軽にお金を借りられると利用者が増えてきているそうです。しかし、後述するさまざまな危険もはらんでいます。掲示板で行われる場合は、個人間融資専用の掲示板で行われます。投稿フォームには、『投稿者名』『都道府県』『職種』『希望額』『借入理由』などの情報を入力する欄が設けられています。投稿の内容を踏まえて貸し出しを提案する人が現れ、相手が提案する条件とあなたの希望が合致すれば取引が成立します。

個人間融資で少しでも返済が遅れると毎日何通ものメールが送られてきたり、『職場にばらす』などと脅迫されたりするケースもあるようです。個人間融資で被害を受けてしまった場合、相談先はいくつかあります。

トラブル

警察
詐欺や脅迫、暴行などの被害を受けた場合は、警察に届けましょう。詐欺は親告罪であるため、被害者からの訴えがなければ立件できませんが、脅迫や暴行は親告罪ではないため、届け出無しでも立件できます。ただし脅迫や暴行であっても、被害届がない限り警察も捜査できません。警察に届けたり被害相談する際は、会話を録音した記録や被害の証拠を用意しておくと、手続きもスムーズに進みます。

消費者ホットライン「188」
消費者ホットライン「188」をご存知でしょうか?消費者ホットライン「188」は、消費者庁が2010年に開設しました。このホットラインを利用すれば、居住する地域の消費生活センターや消費生活相談窓口などから、トラブルの内容に適した窓口を教えてもらえます。

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化」や、「クレジットカードのキャッシング枠の現金化」などという商法があります。クレジットカードには、現金を借りることができる「キャッシング枠」と、買い物に利用できる「ショッピング枠」がありますが、このショッピング枠を利用して商品購入をさせ、その商品を買い取るという名目で、利用者に現金を渡すというサービスです。クレジットカードの現金化が違法か合法か、という二択でいえば、違法ではありません。ただし、金融庁やクレジットカード会社が認めているわけではないため、実情としてはグレーゾーンなのです。しかし、グレーだからと安心しないでください。「ブラックに限りなく近い」と思っておくべきです。

利用する方にはそれぞれ事情があり、重視するポイントも都度異なってくるものですが、クレジットカード現金化業者を選ぶにあたり「スピード」「換金率」「信頼性」の3点は特に重要視すべきポイントです。クレジットカード現金化の「申し込みから実際に入金されるまで」の時間です。当該サービス利用時は緊急を要するケースがほとんどであるため、スピードは非常に重要なポイントと言えます。また、クレジットカード現金化業者によっては土日や祝日・夜間にも対応してくれているか否かといった“営業時間”にも違いがありますので、是非チェックしてみて下さい。

お使いのクレジットカードのショッピング枠のご利用残高が残っていればどんな方でもご利用いただけるサービスです。購入する商品も通常のお買い物ですのでカードのご利用明細には社名は表示されません。また入金の際にも通帳に社名は表示されませんので、安心してご利用していただけます。返済はご利用のカード会社にして頂くので普通に買い物をしたのと同じです。クレジットカード情報や個人情報も秘密厳守ですので、どこかに流れるなどの心配もありません。