クレジットカード現金化とファクタリングどっちが良い?

クレジットカード現金化とファクタリング

事業を経営していると、社員への給料の支払いや仕入れなどでとにかく急いで現金を用意する必要に迫られることもあるのではないでしょうか。企業の経営者や個人事業主の皆さんにとっては、避けがたい悩みですよね。

ファクタリングとは?

ファクタリングは19世紀末から20世紀初頭にアメリカで開発されました。日本では1970年代において、都銀系や大企業系のファクタリング会社が設立されました。しかしその後の日本において、ファクタリングは欧米の様に中小企業の当たり前の資金調達手段としてはそれ程発達をせず、今日に至っています。

ファクタリングとは。他者(他社)が持つ売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスのことです。日本における取引では、先に商品やサービスの提供を行い、後からお客様に支払ってもらう「信用取引」が一般的です。少し堅い表現になりあますが、この信用取引においてサービス提供者側はサービスの提供料として、代金を受取る権利を有しています。この代金を受領する権利のことを「売掛金」と呼びますが、ファクタリングではその権利を第三者(ファクタリング会社)に売ることで、現金を得ることができます。

ファクタリングとは、企業様が保有している売掛金をファクタリング会社が企業様に対して償還請求権無しで
『完全に買取する』ことにより、企業様に資金を提供する仕組みです。分かりやすくご説明すると、企業様が保有する売掛金をファクタリング会社が譲り受け、 売掛先企業様の支払サイトの期日前にお支払いする仕組みです。それに伴って、企業様の直面する経営経済上 の諸問題についての情報を提供し、買い取った売掛金の管理・回収をすることです。

普段何気なく私達は信用取引を行っていますが、この取引にはサービス提供者側にリスクがありますよね? ——そうです、サービスを提供したとしても、料金を支払ってもらえない可能性があるのです。また、信用取引においては支払い期日というものがありますが、法律で定められている期日は「受領から60日以内」ですから、個人事業主や中小企業は、資金のやりくりに苦しむこともあります。このように、「支払ってもらえないかもしれないリスクの回避」や「経営資金のやりくり」のためにファクタリングというサービスがあるのです。要するに、「お金を請求する権利を売って現金を得る」というのがファクタリングサービスということになります。

給料ファクタリング?

日本ではあまり給料ファクタリングについて知られてはいませんが、海外ではファクタリングといえば資金調達の方法として広く知られており、昔から使われてきた方法でもあります。
つまり世界的に認められている資金調達の方法がファクタリングというわけです。そのファクタリングを給料所得者に向けて提供しているのが、個人向けファクタリンク(給料ファクタリング)会社というわけです。誰かに頭を下げてお金を借りるよりも心理的なハードルも低く、それでいてこの後ご紹介するように個人信用情報の件も心配することなく、銀行やカードローンで一度申し込みを断られた方でも資金調達をすることができる方法として昨今大人気です。給料ファクタリングはきちんとした企業が運営している給料ファクタリングを使えば全く怖くありません。スピーディーにカードローンよりもストレスフリーにお金を調達することができます。

給料ファクタリングはきちんとした企業が運営している給料ファクタリングを使えば全く怖くありません。スピーディーにカードローンよりもストレスフリーにお金を調達することができます。それゆえに、給料ファクタリング会社の中には暴利で営業をおこなう悪徳業者が数多く存在します。給料ファクタリング業を営むにあたって特別な営業許可は必要ないため、悪徳業者は平然と営業を続けられるのです。

請求書買取サービス?

「請求書買取サービス」はスモールビジネスの皆さまが保有している売掛金・請求書を売却し、運転資金を非対面かつオンライン完結で早期に資金調達できる新しいサービスです。年度末の時期には申告所得税・消費税・事業税など、国税への支払いによる出費が多くなりますが、請求書買取サービスをご利用いただくことで経営上のキャッシュフローを改善することが可能です。また、売掛金の売却のため借入ではなく、ご利用についてもお取引先に知られることはありません。請求書の買取・現金化サービスとは、まだ支払いを受けていない請求書を業者に買い取ってもらい、すぐに現金化する資金調達の方法です。融資とは異なり、最短即日と非常に早いスピードで現金を得ることができます。また、自社が実際に持っている請求書を買い取ってもらう仕組みなので、審査の基準が融資よりはるかにゆるいです。請求書などの売掛債権を買い取ってもらうことで現金を得ることを、専門用語では「ファクタリング」と言います。請求書の買取は売掛金の債権を現金に換えるものなので、持っている売掛金の金額に応じて、数万円の小口から数千万円の大口まで柔軟に資金を調達できます。つまり、融資であれば降りないような金額も、それに相当する債権さえあれば調達することが可能なのです。

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化とは?

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠という与信があります。キャッシング枠とは、コンビニや銀行のATMからお金を借りれる枠のこと。ショッピング枠とは、買い物をするときの支払いに充当される枠のことです。キャッシング枠はそのままコンビニや銀行のATMに行けばカンタンにお金を借りることができますが、ショッピング枠はそうはいきません。
もともとの利用目的が商品購入のためなので、カード会社の機能では、現金として借りることはできないのです。そんなショッピング枠を現金にする画期的な方法がクレジットカード現金化です。現金化業者を使って、クレジットカードのショッピング枠で指定された商品を購入し、それを業者に売却することで実質的にショッピング枠でお金を手に入れることができるのです。

クレジットカード現金化は通常のショッピングと同じように商品を購入します。利用者は商品が要らなくなったので、買取業者に売却し買取金額を受け取るというだけなのです。これだけ聞けば、何の違法性もありませんよね。そのためクレジットカード現金化を利用した者が逮捕される心配はなく、法律違反でもないのです。現時点では、消費者の需要に応じた商行為であって、法律的には問題はないとされています。ただし一方では、実質的な貸金業でもあると言われていて今後「違法となる可能性」は十分にあるでしょう。今の段階では法律違反ではなく、限りなくグレーゾーンであるということですクレジットカード現金化の利用者の平均は15万前後とありますが、本来クレジットカード現金化は利用者のニーズに最も答えられるサービスです。いくらで使おうと利用者の自由です。金額の大きさにかかわらずメリットはありますし、そもそも必要な分の現金を少額だからと言って手続きしてくれないような業者を使う必要はありません。それに、しっかりとした業者を利用していれば少額でもある程度高い換金率で現金化することが可能です。無理なく、自分のペースにあった現金化を行うようにしましょう。

クレジットカード現金化