クレジットカード現金化・ギャンブル・オートレース

クレジットカード現金化でギャンブルのオートレース

競馬・競輪・競艇・オートレースなどの公営競技といわれているギャンブルでは、直接競技場まで出向き現金で投票券を購入することが当たり前でしたが、近年はいつでもどこでもインターネットからクレジットカードを利用し投票できるサイトが増加しました。ギャンブルはお金をつぎ込んで使いすぎてしまう人が多いため、クレジットカードは使えないことが多かったのですが、近年ネットから購入できるくじなどはクレジットカードを使って購入できるようになりました。オートレースもネットから購入したり投票したりできるサイトが増えましたが、まだクレジットカードが使えるサイトはありません。ただ、直接クレジットカードは使えないものの、間接的にクレジットカードが使える方法ならあります。

海外では、カジノでもクレジットカード決済に対応していることが多いと言われます。これは、海外のクレジットカードの普及率やクレジットカードに対する考え方が日本と異なるからです。
クレジットカードが一種のステータスシンボルとして扱われているからでもあります。海外でギャンブルをする時に「現金の手持ちがない」という状態でも、まず困ることはありません。しかし、日本の場合は状況が違います。日本では、基本的にギャンブルへのクレジットカード利用が制限されているのです。

結論からお伝えしますが、オートレースの投票券はクレジットカードで購入することが可能です。しかし、オートレース場や公式サイトからクレジットカードを利用して直接購入することはできません。クレジットカードを利用するためには、あるサイトから専用の電子マネーを利用する形となります。

クレジットカードでオートレースの投票を行うためには、

①Gamboo会員登録
②GambooBET利用登録
③デルカ会員登録

上記3点の手続きが必要です。

クレジットカード現金化でギャンブルのオートレース

Gamboo会員登録

Gamboo会員規約」をお読みの上、【同意する】にチェックを入れ、メールアドレス、パスワードを入力し「登録申し込み」ボタンを押してください。確認画面が表示されますので、内容を確認のうえデルカの会員登録をしてください。

※会員登録は20歳以上の方限定とさせていただきます

★スマートフォンご利用のお客様へ★
ご登録していただくメールアドレスについての注意事項です。
携帯メールアドレスのドメイン(例:xxxx@docomo.ne.jp xxxx@ezweb.ne.jp xxxx@softbank.ne.jp など)で登録の際、迷惑メール防止機能またはドメイン指定受信をご利用の方は、gamboo.jpのご登録をお願いいたします。
Gambooホームページ

GambooBET利用登録

GambooBET利用登録はこちら

既にGambooアカウントをお持ちの方は、Gambooのアカウント情報を引き継いで、TwitterやFaceboolアカウントで簡単にログインができます。

デルカ会員登録

デルカ会員登録はこちら

デルカ会員になるにはデルカ ホームページにアクセスして簡単に会員登録することができます。また、電話でも受け付けております。法人、営業性個人のお客様はご利用できません。入会金、年会費等は不要です。会員登録の際にご入力いただく情報は、メールアドレス、パスワード、生年月日、氏名、住所、電話番号(固定or携帯)、暗証番号、払戻口座の8点です。また、楽天銀行、ジャパンネット銀行口座をご利用の方は各銀行のID・パスワード等をお手元にご用意下さい。その他の銀行をご利用の場合は本人確認書類の提出が必要です。パソコン・携帯電話・スマートフォン・タブレットからご利用いただけます。

デルカとは?

デルカは公営競技の投票やデジタルコンテンツの購入を、もっと快適に、もっと便利に、もっと安全にご利用頂くために生まれた電子マネーです。ネットバンクやクレジットカードはもちろん、コンビニからもチャージが可能!1デルカポイント = 1円の価値があり、様々なインターネットのサービスで利用できます。
随時、提携サービスの拡大と充実を行っています。デルカはたくさんのチャージ(入金)に対応しています。チャージによっては反映までのお時間や手数料がかかる場合もございます。ご都合に合わせたチャージをお選びください。

カンタンチャージ

楽天銀行やジャパンネット銀行のネットバンクや、その他各種銀行、全国のコンビニから簡単、お手軽にチャージが出来ます。

デルカ クラブポイントについて

デルカ クラブポイントは各種キャンペーンなどで、会員に付与されるサービスポイントです。デルカ クラブポイントはデルカ ポイントに交換することができます。

有効期限

デルカの有効期限はチャージ(入金)より180日です。有効期限内に使用しなかったデルカポイントは失効します。

オートレースをクレジットカードでやる際の注意点

オートレースは直接クレジットカードを使ってやることはできません。使いすぎを防ぐためです。
デルカを通じてクレジットカードを間接的に使うことはできますが、最大でもひと月5万円までとなっています。オートレース、競馬や競輪は勝った時の嬉しさが忘れられず、もっと勝ってやろうと依存してしまう人が多く、どんどんお金をつぎ込んで、借金までしてやってしまう人も中にはいます。やめられなくなってしまうのです。そういったことを防ぐため、どこのサイトでもクレジットカードを使って投票することはできないのです。

オートレースの歴史

オートレースは60年の歴史を持つ、モータースポーツです。公営競技中最速のレースで、最高速度は150kmに達します。出走数は通常8車でコースを左回り6週してスピードを競います。各車色が決まっているため、自分が投票した選手がどの位置にいるかが一目瞭然でわかります。オートレースの起源は実は古く、1910年11月に不忍池で行われた自転車競走(今でいうクリテリウム)の余興レースが最初と言われている。これを境に「独立」したレースが行われるようになり、1914年に阪神鳴尾、1915年には目黒の各競馬場で実施された。

1950年に船橋競馬場内で、公営競技として最初にオートレースが行われることになったことについては、戦前の流れからすると、当然の成り行きだったといえる。しかも、園田、長居の両競馬場でのみならず、甲子園競輪場でも行われていた時期もあるなど、ほんの一時期だけ、関西でもオートレースが行われていた時代があったのである。このほか、廃止された場は、柳井と、史上初の全面舗装路競技場となった大井があるが、柳井は後に山陽が、大井は後に伊勢崎が、それぞれ代替地となって今日に至る。

現在、日本で開催されている公営競技はオートレースの他、競馬、競輪、競艇の4つで、いずれも国や地方公共団体などの公の機関がギャンブルとして開催するプロスポーツとして発展し、財政にも貢献してきた。オートレースもかつてはスター選手を擁して多くのファンを集めたが、近年は観客動員数も減り、場内も閑古鳥が鳴く寂しい情景になっている。公営競技は日本固有のプロスポーツであるが、時代の流れの中で国民のギャンブルに対する意識や娯楽スタイルの変化に伴って、現代の人々の嗜好にそぐわない面も出てきているのではないだろうか。

関連記事

クレジットカード現金化・ギャンブル・競馬 クレジットカード現金化でギャンブルの競馬ができるのか。 競馬の馬券のインターネットでの買う方法 競馬の馬券をインターネットで買う方法をご紹介します。今回は競馬ファンが最も利用して[…]

クレジットカードを現金化する方法

クレジットカードを現金化する方法

自分で現金化する

自分で現金化するには、換金性の高い商品を買って転売する必要があります。新幹線の回数券やゲーム・本などを金券ショップやオークションに出品することで現金が得られますが、換金率が低かったりカード会社にバレる可能性があります。クレジットカード会社は現金化を問題視しており、常に利用者に不審な動きがないか監視しています。カード会社にバレるとカードが利用停止されたり、強制解約になったりする可能性があります。

現金化業者で現金化する

クレジットカード現金化とは審査が厳しいキャッシング枠を使わず、ショッピング枠を利用して現金を得る方法です。損せずに、安全にクレジットカードを現金化をしたいなら現金化業者を利用をおすすめします。買取率が高く、即日振込にも対応してくれます。 自分でやるのに比べてでカード会社バレなどのリスクも軽減します。クレジットカードの枠を現金にする方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は専門の業者を利用することです。 特にオンラインで手続きと振込が完結する業者がおすすめです。自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。