クレジットカード現金化・新幹線の回数券

クレジットカードの現金化を新幹線の回数券で行う理由

クレジットカードの現金化は様々なものを購入し、それを現金で買い取ってもらうことで行われてます。そんなクレジットカード現金化の手段として用いられているのが新幹線のチケットです。様々なメリットを持ち、かつてはクレジットカード現金化の代表的な手段と言われていましたが、現在ではリスクも出てきており、主流から遠ざかっています。そんなクレジットカード現金化の新幹線チケットについて、その特徴やかつての状況、リスクについても触れながらまとめました。これを読めばきっとクレジットカード現金化における新幹線チケットについて知ることができるのではないでしょうか。新幹線チケットはクレジットカード現金化に最適な特徴新幹線チケットはクレジットカード現金化に最適な特徴を備えています。買取金額が安定しているのは、流行によって買取金額が変化すると、希望する金額の現金化が難しかったり、あるいは予想外な買取金額で換金率として見た場合、非常に悪い状態になりにくいというメリットがあります。そのため、買取金額が安定しているということは、ある程度、安心して現金化できるのです。高価買取が期待できるという点ですが、たとえ買取価格が安定していてもクレジットカードで買った半額以下の買取金額ではかなり効率が悪く、使いにくいというデメリットをもたらします。しかし、高価買取であれば、例えば1万円の買い物をしたら8,000円で買い取ってくれるという仕組みである程度の金額が現金化できるのでメリットがあります。最後の高額な金額を現金化できると言う点ですが、いくらこれまでのメリットを兼ね備えていても、多く買っても1万円程度しか現金化できないというのではメリットが少ないです。10万円程度の買い物をして8万円の買取り金額で現金化できると言うのであれば、実質お金を借りたのと変わらないため、メリットも大きいと言えます。

これらの特徴を全て兼ね備えているのが新幹線チケットです。買取金額は安定し、しかもたくさん売れるのでチケット業者などからの高価買取も期待できます。さらに新幹線チケットは高額な商品ですから、買取金額もまとまったお金を現金化できると言うメリットがあるのです。

クレジットカードの現金化を新幹線の回数券で行う理由

新幹線チケットは回数券が特に便利

新幹線チケットのクレジットカード現金化は回数券が特に便利です。先ほどお話ししたうちのまとまった金額をクレジットカードの現金化として利用できると言うのがその理由です。一つづりでも距離によりますが、10万円近くになるものも多いため、まとまった金額を現金化するのに有利だからという理由もあります。さらにチケット業者から見ても回数券自体まとめて仕入れることができるというメリットがあることから、やや高めに買い取ってくれるケースすらあります。このようにまとまった金額をクレジットカード現金化として利用できるだけでなく、買取価格も時に上がることも便利な理由です。

クレジットカード現金化を新幹線チケットで行うリスク

クレジットカード現金化を新幹線チケットで行うリスクを伴うようになりました。そのリスクとは、クレジットカード会社が現金化したと認めて利用停止の措置を行うということや肝心の買取業者が買取を拒否する場合が出てきたということです。クレジットカード現金化の手段として頻繁に利用されたため、クレジットカード会社も対策をとるようになりました。基本的にショッピング枠を使った現金化はクレジットカード会社は認めていないため、明らかに不自然な買い方(毎月個人なのに大量の新幹線回数券を購入しているという履歴など)をしている場合は、現金化と認定し、利用停止するようになったのです。また、クレジットカードで購入した新幹線チケットは「C制」と印字されます。これはクレジットカードで購入したことを意味する印字です。買取業者から見れば売れ残った時、このC制のチケットを払い戻ししようとした際購入と同じ駅で手続きを行う必要があり、困難なため敬遠するようになったのと、現金化のほう助をしたくない業者の方針でC制のチケットを買い取らなくなったのです。このようにして主流から徐々に外れていっているという状況になりました。

回数券を換金してお金を調達

新幹線の回数券を金券ショップなどに持ち込み買取をしてもらうことは昔からされている現金化方法ですが最近では携帯端末や家電製品を利用することもあるようです。クレジットカード現金化を自分でするときは相変わらず手間と時間がネックになる上多少知識が必要になるのであまりする人はいないようですが、家電量販店などで新品をクレジット決済で購入し新古品として買取専門店に持ち込むと言った方法です。上級者ともなればネットオークションを駆使して現金化するようです。そうなると換金できそうな物はすべて現金化できそうに思えますね。ただ相当の知識と労力が要されますが。さて新幹線の回数券を現金化するときも知っておかないといけないことが色々ありますが、まず高額な換金を回数券で行うことは絶対にやめましょう。一発レッドカード、利用停止確定です。理由は簡単。

昨今の現金化では新幹線の回数券は簡単にできるアイテムの一つとして認識されています。もちろんカード会社も例外ではありません。複数の回数券をクレジットカードで購入することは違法では無いですが、不自然すぎて怪しまれてしまうんです。効率を考えれば結局のところショッピング枠現金化の専門業者を利用することが一番良いのですが悪質業者もいますのでイメージは良くないのが現状です。回数券一冊なら現金化しても良いかもしれませんが自己責任でお願いします。

新幹線回数券を利用した換金方法

方法としては新幹線回数券を購入、買取業者に売却と他の方法と大きな違いはありませんが、新幹線回数券を利用したクレジットカードの現金化は、カード会社に現金化をしたことがばれやすいリスクの高い方法です。
ここではどうしてリスクが高いのか、それでも現金化したい場合はどうすればいいのかを解説していきます。

個人で行う新幹線回数券の現金化はハイリスク

クレジッドカード会社は「不正利用感知システム」というものを導入しています。
これは本来犯罪や詐欺で盗まれたカード決済に対処するために生まれたシステムですが、過去に合った不正利用のケースに似た取引や、明らかにおかしい取引を取締ります。
そのため東京在住なのに福岡-新大阪間の回数券を購入した、キャッシング枠を使い切っているのに高額な回数券を購入したといったケースの場合すぐにばれてしまいます。またそもそも新幹線回数券は換金率が高い、汎陽性が低く一度の大量に購入することが多いことから古くから現金化目的と手段として使われてきました。そのためカード会社も監視を強めています。

個人で行う新幹線回数券の現金化はハイリスク

交通系回数券を現金化するには

前述のとおり新幹線回数券は現金化の方法としてはハイリスクハイリターンな方法となっています。それでも換金したいという場合の対策としては買い方に目的を持たせる、法人名義のカードを使うといった方法があります。目的を持たせた買い方というのはたとえば遠方に親戚がいて介護のために定期的に言っている、といった風に合理的な理由をつけることです。他にも親族が住んでいる場所と自宅区間の回数券を購入するという場合も統合性が取れています。法人名義のカードの場合、カード会社から購入目的の照会があっても社員旅行や仕入れといったもっともらしい言い訳が豊富なので理由で大量の新幹線回数券を購入しても不自然ではありません。交通系回数券をクレジットカードで購入して利用停止処分を受けた場合には、あわてずにまずカード会社に連絡して理由を確認しましょう。現金化行為がばれたのではなく、利用限度額に到達した、1日の限度額を超えたというケースもあります。