クレジットカード現金化おすすめの方法

クレジットカード現金化ってなんのこと?基礎知識を解説!

クレジットカード現金化をするならスタークレジットが一番です。しかし、そもそも「クレジットカード現金化って何のこと?」と思われている方もいることでしょう。かなりマイナーなサービスなので仕方ないかもしれませんね。そこで、ここではクレジットカード現金化について解説したいと思います。どうしてもお金が必要な方に役立つサービスなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化を簡単に説明すると、クレジットカードのショッピング枠を換金する行為のことです。ショッピング枠とはクレジットカードで商品を買うときに使われる利用枠です。自分の所持品であるショッピング枠を売る、と考えると分かりやすいかもしれませんね。このサービスはキャッシングや消費者金融のようにお金を借りるわけではなく、ショッピング枠を換金するだけです。そのため、審査なしで即日中にお金を用意できるのです!ただし、その反面、現金は使ったショッピング枠の80%~85%しか受け取ることができません。15%~20%は損をしてしまうので、その点に関しては注意してくださいね。

クレジットカード現金化は違法じゃないの?

クレジットカードのショッピング枠を換金すると聞くと、なんだか怪しいサービスのように思える方もいると思います。しかし、結論から言うとクレジットカード現金化は違法ではありません。というのも、クレジットカードのショッピング枠を換金するとき、クレジットカードで商品を購入して転売することで現金化をします。利用者がすることはクレジットカードで購入した商品を売ることだけなので、禁止する法律がないのです!

クレジットカード現金化は違法じゃないの?

そもそも、クレジットカード現金化とは何?

簡単におさらいだけしますと、俗にいう「クレジットカード現金化」「ショッピング枠現金化」「カードでお金」「カードで現金」「カードで換金」「キャリア決済現金化」「携帯決済現金化」など、これら全ては同一サービスであり「クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手にする方法」なのです。現金化は、キャッシング枠を使い切ってしまった人や、キャッシング枠自体がない人が現金を取得するために、ショッピング枠を上手く使えば平均90~95%以上(効率の良い方法の場合)の換金率で現金に換えることが可能です。また、このショッピング枠を現金化する行為は、クレジットカード会社からしたら重大な規約違反でありNG行為のため、もし現金化目的でショッピング枠を使用した事が発覚すると、基本的にカードの使用停止やブラックリスト入りする可能性があります。その為。この辺を上手くかいくぐって行わなければならない為、どの方法が一番安心安全なのかなど、各方法のメリット・デメリットなど詳しくまとめました。ここでは確実で安全に現金化する方法をご紹介いたします。

クレジットカード現金化を安全に換金する方法

『クレジットカードのショッピング枠の現金化』とは、その名の通りクレジットのショッピング枠(買い物枠)を利用して現金を手に入れる方法です。通常クレカのショッピング枠をそのまま現金として引き出すという事は出来ません。そこで利用するのがクレカ現金化の専門業者です。クレカ現金化の業者に申し込みをして、業者の指定する商品をクレジット枠で購入します。すると、購入した商品の金額に応じて指定の口座に現金が振り込まれます。これがクレカ現金化の主な手順です。もちろん手数料を引かれますので、限度枠全てを換金出来る訳ではありません。※クレジットカード現金化は融資ではありません。

クレジットカード現金化は違法?

クレジットカードの現金化は、法律には違反していません。ですが『クレジットカード会社は現金化目的の利用を禁止している』ので、カード会社の規約違反となる場合があります。クレジットカードには『キャッシング枠』という現金を借入するための枠があるので、キャッシング枠をまだ利用していない場合はそちらを利用する方が良いでしょう。クレジットカードの現金化業者で行われる手法には主に『キャッシュバック方式』と、『商品買取方式』という2種類があり、法律に抵触するかどうかも変わってきます。『キャッシュバック方式』は、業者が指定した商品を購入し、そのキャッシュバックとして現金を受け取れるという方法です。一方『商品買取方式』は、業者が指定した商品を購入後、それを業者に買い上げてもらい現金を得るという方法です。やり方に違いはありますが、どちらも法的に違法ではありません。

どうして、クレジットカード現金化では取引するお店によって購入する商品が違うの?

何か物を買う際、手持ちの現金がないときはクレジットカードがあれば品物を買うことができます。クレカにはショッピング枠が付帯されているので残高範囲内であれば物を購入することが可能です。また、カードのショッピング枠は現金化することさえもできるようになりました。正確にはショッピング枠を換金するのではなく商品を購入することでお金の手配ができるのです。カード現金化はクレジット枠を使い取引業者が指定する物を買うことから始めます。当然、クレカの現金化を行っているお店は運営会社が違うので取扱っている商品も異なるのです。どうして、クレジットカード現金化では取引するお店によって購入する商品が違うのでしょうか?

カード現金化で扱われている商品はそれぞれ違う

クレジットカード現金化はショッピング枠を使ってお金を借りるわけではありません。カードのショッピング枠は使用後、必ずクレジット信販会社へ返済しなくてはいけないので借りたという認識が強くなってしまうのでしょう。カード所有者とクレジット信販会社の規約に基づき返済日は人によって異なります。毎月7日もしくは27日が大半ではないでしょうか?しかし、何度も言いますがショッピング枠を使って物を買うことにより金銭の工面ができます。では、一体クレジットカードで何を買えば良いのでしょうか?カード現金化で扱われている商品はそれぞれ違うのです。

現金化は取引方法によって商品が違う

現在、現金化を行っている業者数は大変多くなり取引方法も多様となりました。

  • 買取方式
  • キャッシュバック方式
  • amazonギフト券買取
  • 携帯電話のキャリア決済

以上の4通りの現金化を見ていただければ、どんな手段でお金を手に入れるのかがなんとなく予測ができます。しかし、現実的にどういった物を購入することになるのでしょう。買取方式は物を換金することで現金化が可能となりますが、何を買えば良いのでしょうか?キャッシュバック方式もどんな物をクレジット決済で購入するのか分からないでしょう。現金化は取引方法により商品が違うだけでなく換金率や送金時間も異なります。

現金化は取引方法によって商品が違う